003-sunahama
           2016 004
「えっ?結婚・出産? えっ?九州へ行くの?」
目をまん丸にして わたしの移住話に驚きを隠せない
知人友人の表情が 今でも目に浮かびます

わたしは 憧れていた海のまち唐津で 子育てをしています
東京暮らしの頃 休日のほとんどは 海の上にいました
電車を乗り継ぎ遠く離れた ヨットハーバーまで通いながら
その頃の海は 遠い遠い場所でした

夫との縁は 「みしまカップ(鹿児島)」というヨットレースです
夫の船は 唐津にありました
唐津

写真は 唐津の浜崎海岸です
この美しい海が 日常生活の中にある! 何という贅沢
保育園の帰りに 10分車を走らせて 浜遊びをし
砂でジャリジャリのまま タオルに全身をくるんで帰宅
そのような夢の暮らしが 唐津のまちで現実になりました

夫との縁 ヨットとの縁 海との出会い
これらが わたしの子育ての 原点です
海があるから 子育てができました

なぜ 思い切って移住をしたのか?
今でもときどき聞かれます 答えはひとつ
「感性に従いました」

子育てとは そんな行動を起こさせる
不思議な「力」を秘めています
そんな「力」を大人に与える子どもの存在は 頼もしいばかりです