006-asoの別れ
           2016 006
少しでも目を離すと どこまでも行ってしまう

親と離れて不安にならないの?
どうしてそんなに じっとしていないの???

幼少期の子育ては じっとしない子どもたちに 途方に暮れる日々でした
スーパーで 賞味期限はいつ?と商品を見ている間に 子どもは姿を消しました
瞬きさえ恐ろしい

写真は熊本県阿蘇の中岳駐車場から 根子岳が見えます
赤い服を着て途方に暮れるわたしと その右横に次女の姿が 小さく見えます
長い時間 探しました

もしかして もう永遠に会えないかもしれない
誰かの車に乗せられていたら こんなに広い阿蘇で どうしたらいいの?
このときの 不安な気持ちは いまでも鮮明に覚えています

じっとしない子どもを じっとさせることは不可能
親は振り回されるしかない
躾や家庭環境で じっとする子に変えられるのであれば
そう 何度願ったことでしょう

とにかく たくさんたくさん振り回されて
子どもたちは無事に 大きくなりました
守ってくださった全てに 感謝するばかりです