009-年子けんか
           2016 009
我が家の年子 歳の差は363日
ひとりっ子だと 自分が忙しいときに子どもが独りになるので
ふたりいるのは いいなぁ~と思っていたのですが それも束の間

2歳まではふたりの動きがバラバラで あちらこちらに走り回っていたのですが
3歳&4歳の頃から ふたり遊びが始まり
1つの動作ごとに「わたしが先!」「これはわたしのもの!」と
5分に1度は喧嘩をするようになってしまいました

保育園では 子どもたちが喧嘩をしないように
ひとりに一つずつ用意し 全てに記名しています
先生の数が少ないため 仕方のない方法だと思います

でも家庭では 順番を待ったり 他のものではダメなのか?考えさせたり
皆で使うものなんだと言い聞かせたり できるだけ思慮の経験をさせたい
そう思いながらも 全てに全力で関わっていては 身体が持ちません!

そんな経験から生まれた わたしの喧嘩対処法
◆喧嘩は「防止」が肝心 始まってから止めに入るのは体力消耗です

◆同じものを取り合う場合は ひとりに「10・9・8・7・・・・・」と数えさせます
数字カードや輪投げなど ゲーム感覚で数えさせることがポイント
そして 数え終わったら交代 これを習慣づけます

◆「お父さんに新聞を持ってきてあげて!」と頼むと もう喧嘩が始まります
その場合は「お父さんにそこの新聞、わたしにあそこの本を持ってきて!」と
具体的にふたつの事を頼みましょう 反対方向に置いてあるものを指す方が良いです
喧嘩率が下がります
「○○ちゃんはお茶 
○○ちゃんはコップをふたつ」なども良いです

◆それぞれのお気に入りの動物・色を決める
「自分だけのもの」に関心を持たせると 同じものばかりにこだわりません
まあ 臨機応変に
同じ商品でも ウサギ・ネコのイラストをマジックで描き足しておくのです

こうして書き綴っていると 毎日が些細なことの積み重ねで
戦いだったなぁ~と思います
だから 今走り回っているお母さんには 敬意とエールを送ります!

にほんブログ村 子育てブログ