022-恐怖の移動
           2016 022
やっと 寝た!
やっと 私が 私になれる!
小悪魔たちの寝顔をみながら 毎回同じことをつぶやく

家の中でもどこでも じっとしないふたりが
電車や飛行機の中で じっとしている事など あり得ない
予想通りとはいえ 移動はまさに恐怖でした

福岡~羽田の 機内後方部
機体後部に向かって 壁が大きく湾曲しているため
座席と壁の間に 子どもひとりが行き来できる 隙間ができます
子どもにとっては 魅力的な空間!

船のキャビンで 歪んだ空間に慣れているふたりは
そんな隙間を存分に楽んでいました
あーもう※△×※〇 じっと座らせるグッズはないかしら?
ポケモンのおもちゃをいただきましたが
そもそも じっと座って遊ぶことが 短時間しかもたないふたり

後ろの席の方が トイレが近いし
人が少ないから よし!と思ったのに また失敗!?

博多~新神戸の 新幹線
何と 座席の下の空間は 仕切りがなく つながっているのですね!
あら? いなくなった! いったいどこへ!
しばらくすると 随分離れた後方の座席から
「わ~~ビックリした※△×※〇」

女性旅行客の 座席の下から
にょき~っと 顔を出し驚かせたのでした(汗)
事無く おやつをいただいて 戻ってきましたが
わ~ 服も手も 真っ黒に汚して

今思えば こんな事の連続でした
移動は恐怖

自家用車で ハウステンボスへ行った時の事です
今日は 酔い止めの薬を飲んでみようか
初めてだから 半分に割って

服用してから20~30分後
それまで 狂ったように 楽しくおしゃべりしていたふたりが
急に静かに!
後部座席を見ると わぁ寝てる
気を失ったように 催眠術にかかったように

薬の効き目の良さに 不安になりながらも
あぁ 眠るって素晴らしい! と
泣きそうに 感動したのでした
ま 思うようには 寝てくれませんけど

恐怖の移動には 戦略的に眠りの要素を
取り入れることをお勧めします 薬以外の方法で!
これから夏休み お父さんお母さん 頑張って! 楽しい旅を

※関連記事 もう永遠に会えないかと思った
※関連記事 まともに 普通に 歩けない~年子の子育て


にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 女性建築士