026-ライフジャケット
           
2016 026
海の季節ですね! 水が大好きな子どもたち 目の輝きが違います
海遊び・川遊びに必要なものといえば ライフジャケットです
最近は ジャケット姿の子どもを よく見かけるようになりました

写真は ハウステンボスマリーナで
ライフジャケット実験?をしたときのものです
ジャケットを着たら 子どもは溺れないのか?
絶対大丈夫なのか?
どう思われますか?

アマゾンで検索すると ライフジャケットって いろいろあるんですねー
船用 釣り用 川遊び用 などなど 種類は豊富です デザインも可愛い
我が家で 使っていたジャケットは これ ヨット用です
PLASTIMOの Typhoonシリーズ

首(顔)の回りも 浮力が確保されるので 安心です が
とにかく暑い!! 船上でつけさせるには かなり抵抗があります
よって 海の中に入るとき専用にしました
陸や船の上では 釣り用の 首回りが開いているものを着せました

さて 問題の 溺れないか??
ですが こんな結論に至りました

子どもは 溺れそうになると 怖がる⇒泣く
泣く⇒思い切り声を上げるので 息を大きく吸い込む
息を大きく吸い込む⇒海水(小さな波でも)が必ず口の中に入る
それを何度も繰り返しているうちに 水をたくさん飲む!

身体は浮いています 沈んでしまうことは ないと思います
ただ 水は飲んでしまうと思います
うまく呼吸が続けられるかどうかは
個人差もあり 不明です

後日 海上保安部の人と 話をしたところ
溺れることを防止するのは 難しいです
とのこと
溺れても 沈まず 探し出すことができる 捜索が可能になる
とのことでした

冷静に考えれば 確かにそうですね
ライフジャケットを使うときは このことを承知して
子どもから 目を離さないように心掛けましょう
楽しい海の想いでが たくさん 残りますように!!

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 女性建築士